2010年10月14日

子どものうつ病

東京医科歯科大学・精神行動医科学の西多昌規です。
今回は、コーチングクリニックに投稿した記事をご紹介しましょう。

「子どもにも忍び寄る“うつ”の陰 そのとき指導者、保護者の対応は…」

というタイトルです。



COACHING CLINIC (コーチング・クリニック) 2010年 11月号 [雑誌]




大学病院でのわたしの精神科の外来でも、アルバイトでのメンタルクリニックでも、小中学生の不登校、引きこもりの相談はよく受けます。
不登校の子どものなかに、実は統合失調症やうつ病が隠れています。

子どものうつ病には、ある特徴があると言われています。

・医者に行ってもなんともないと言われる、原因不明の体調不良
・落ち込んでいるだけじゃなく、不機嫌、イライラも目立つ

です。心当たりはありませんか?


現代の精神医学では、うつ病はDSM-IVという、アメリカ精神医学会が作ったマニュアルに基づいて診断しています。
しかしこのマニュアルには、「出世うつ病」「引っ越しうつ病」「燃え尽き症候群」
といった、生活環境に反応して発生するうつ病についての充実した記載はありません。

子どもにも、「出世うつ病」はありえます。
たとえば、

 部活のキャプテンを任された
 学級会長になってしまった

 
プレッシャーがかかると、うつという形で現れることもあるのです。

プレッシャー、ストレスは、克服していくことで人間的成長がはかれます。
しかし、不眠や食欲不振、不登校などが現実問題として目立ってくれば、医師やカウンセラーなどのヘルプを仰がなければならないケースもあります。

うつ病についての知識、処方箋、対処法など、わかりやすく記事にまとめたつもりです。
子どもを持つ親御さんから、子どもを教育・指導する立場のかたなど、参考になればうれしいです。

posted by fifss at 12:42| Comment(0) | 精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

本が出版されました♪

こんにちは。桜井(寅嶋)静香です。
24時間の8割が子育て・・・の中で、なんとかかんとか本を出版することができました。

ジムに通う前に読む本(講談社ブルーバックス)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=257695
945円
です♪

正直なところ・・・
今まで4冊本を仕上げてきましたが、この5冊目にあたる執筆が一番苦労を要しました。


やはり・・・
大手さんは厳しかった(笑)でも、これまでの研究論文収集とトレーナーとしての現場の仕事を両方かみ合わせた形で、運動科学をわかりやすく伝えることができたのではないか・・・?とも感じています。

運動の順序やトレーニングに関するお話などが新聞ではメインとして宣伝されていたのですが・・・

私としては、Q&Aのようなわかりやすい形での運動科学にまつわる豆知識を皆さんで共有していただければありがたいと思っています。

また、
女性のみなさん必見のページもありますし(スポーツ医学の視点から)、
次世代のお子様へつたえてもらいたい(運動の可能性)ページもあります♪

最近のニュースでは、高齢者の方々の運動能力が向上しているとのこと。
これからジムに通おうと思っている方はぜひ一読を^^

おかげさまで2万部ほどいきました。本当に感謝です。多くの方々が触れてくださっていることに、まずは頭が下がります。


・・・運動科学にのっとったトレーニングは、身体にプラスの可能性を与えてくれます。
どうぞお試しを。



posted by fifss at 00:36| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。