2011年01月23日

グローバルソーシングと世界標準の業務プロセス

オープンイノベーション担当の三橋です。

オープンイノベーションについて目立った記事として、昨年の7月に『GEの変身「募るアイデア 賞金は2億ドル!」』、今年の1月12日には『生活用品開発へ研究成果交換、「自前」改め期間短く』の2件の記事が日本経済新聞に掲載されていたことが記憶に新しい。

海外でEli LillyやP&Gのような製薬メーカー、消費材メーカーが先進的に取り組み始めた研究•商品開発のオープン化が、業種や国境を越え、ここ最近では、GEやP&Gの日本法人や内資系の帝人や日立、大阪ガスなどのような企業もオープンイノベーションに取り組みはじめた、という記事だ。

先日1月9日の小川研究員の記事『基礎研究の役割とコラボレーションの重要性』には、発想の枠組みを広げるため、他分野との関わりの重要性について書かれていたが、垣根を越えたコミュニケーションというのは本当に有意だ。

さて、ここでさらに重要なのは、こうした「オープンイノベーション」というコンセプトが大事である、ということではなく、
1)コンセプトを実行に移すことができるかどうか、
2)その「オープンイノベーションを実行に移せること」を、組織や個人のコア•コンピタンスとして活用できるかどうか、ではないか。

一般的には、他分野と対話をし、共同で開発を行うことは「サブ的な取り組み」として行われることが多い。「外に目を向けて何か見つかったら儲けもんだ」という程度の扱いで、エネルギーをフルに活用することはない。多くの企業も、「オープンイノベーション室」を開設したが、およそ人数も少なく、「お試し期間」の最中である。米P&G社の記事のエッセンスは、オープンイノベーションを活用した商品開発の取り組みが全体の3分の2を超えている点で、取り組みが企業のコアな手法となっている点だ。自前を優先すること自体を捨てる必要性はないが、自前を捨てることで、切り開ける道があることを、P&Gの活動は証明している。

経営戦略の世界でよく言われることは「戦略とは、捨てることである」という言葉がある。失敗する企業の多くが経験するのが、「古い戦略変数を捨てきれず、間をとって、中途半端な経営戦略をとってしまう」方法だ。ギアを入れ替えるときは、勇気を持って入れ替えることが大事だ。

さて、このオープンイノベーションの議論で、日本経済新聞の記事が言及していないもう1つの大きな点ポイントとして、「インターネット」の活用と「世界標準の業務プロセスを採用する点」の重要性だ。

研究開発をオープン化したい場合、どうすればいいのか?

いまのところ、まず行うべきことは、
1)インターネットでアイディアやパートナーを募集する、
2)知財や費用/利益配分、開発形態について役割分担や参加方法を取り決めること、
である。

前者の「知の協力者」を探索する場合は、インターネットを積極活用し、可能な限り広い範囲でグローバル•ソーシングを行い(スプレッド)、後者の開発形態や権利の取り決めは、世界的に受け入れられる基準やフォーマット、言語を採用することで業務プロセスを共通化し、集めた「知の協力者」を逃がさない(グリップ)ことが、オープン化を行う組織にとって大事である。

但し、難点は、この2点は、日本人にとって苦手な仕事である点だ。語学が不得意で、他民族とのコミュニケーションに慣れていない。また、独自の企業文化を強調し過ぎるために、世界標準に合わせる能力にも乏しい。ではどうするか。日本人だから「日本人らしいオープンイノベーションをやればいいじゃないですか」というアプローチは、もはや、時代遅れだと思う。頑張って、自分を変えるしかない。乗り切るしかない。これだけの人材と資本に日本にあり、我々にできないわけがない。わがままを捨て、世界の流れに合わせるべきだ。

研究開発の仲間作りは意外にも難しいが、FIfSSは既にその第一歩を踏み出し、いよいよ他分野へのオープン化を間近に控えている。中国、先端医療と活動範囲を広げる早稲田大学のネットワークを活かし、インターネットをさらに積極活用し、より間口を広げ、世界的な世の中の流れに乗っていく使命を持っている。

客員研究員
三橋拓樹
posted by fifss at 00:15| Comment(1) | オープンイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

高知工科大学情報学群 助教募集案内 (山際研究室)

皆様

高知工科大学の山際です。
私の研究室では、助教を一名募集しております。
ご紹介、ご応募、お待ちしております。

====公募ここから
公立大学法人高知工科大学情報学群教員公募

<募集人員> 助教 1名
<所属> 情報学群
<専門分野 及び研究内容>

以下のうち、一つまたは複数にわたる分野を含むテーマを専門としていること
が望ましい。また、下記分野の縛りにとらわれず、複合的な分野へのチェレン
ジ精神を有している研究者を募集します。

(1) ハイパフォーマンスコンピューティング分野
並列・分散処理技術、特に、クラスタコンピュータやスパコンへの応用の幅が
広がるGPU(Graphics Processing Unit)コンピューティングは今後、高性能計算
に欠かせない要素技術として注目される。GPUを使ったプログラミング環境の構
築、アプリケーションの開発、そして、分散環境におけるタスクスケジューリ
ングといった、GPUの身近で高度な利用が可能な環境構築を目指す。

(2) ハードウェアおよび組込システム分野
映像、位置、行動といった人の活動を記録することがセンサーの小型化によっ
て可能になり、全ての人間行動が記録される時代が到来した。センサーのよう
な爆発的にデータが生成され、さらに、それが時系列に沿って、無限に流入す
るシステムづくりには情報を停滞することなく処理するハードウェア設計技術
の確立が必須である。ストリームコンピューティングの計算手法に注目し、大
量のデータ流入を処理できるハードウェア開発技術について、開発用ソフトウェ
アツールからアプリケーションまでを考慮した次世代ハードウェア開発環境の
構築を目指す。

(3) 工学的手法を使ったスポーツ・人間科学分野
センサーを使った人間活動信号のフィードバックにより、次の動作に結びつく
ためのヒントを人体に与え、より高度な動作を期待できる。このような、生体
信号や高精度な絶対位置を潜在的な運動能力へフィードバックして応用できる
理論とシステムを、スポーツトレーニングや、盲や聾といった障害者へのアシ
スト、さらには、リハビリテーションといった応用分野へ適用することを目指
す。"

<応募資格> 博士の学位を有する又は着任日までに取得見込みであること
<着任時期> 平成23年4月1日を目処になるべく早い時期
<任期、給与等> 任期:採用より3年以内
給与:年俸制 上限420万円
手当:宿舎手当30万円/年額、その他手当なし
社会保険あり
<提出書類>
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 学位取得(又は学位取得見込み) を証明するもの
(3) 研究業績リスト
(ジャーナル、国際会議、研究会、著書、受賞、他。
共著者全員の連名を含め、 査読の有無を明記のこと。)
(4) 主要論文3編程度の別刷(または写し)
(5) これまでの研究の概要と今後の研究の抱負
(A4用紙1頁程度)
(6) 推薦書2通

<応募締切> 平成23年2月14日(月)

<書類送付先および問合せ先>
≪書類送付先≫
〒782-8502 高知県香美市土佐山田町宮ノ口185
高知工科大学 情報学群 山際 伸一
※封筒に「教員応募書類在中」と朱書きの上、
簡易書留にてご送付下さい
提出頂いた応募書類は返却いたしません

≪問い合わせ先≫
0887-53-1020  FAX:0887-57-2220
Email: yamagiwa.shinichi@kochi-tech.ac.jp

<選考内容> 書類選考のうえ、面接を実施します

下記URLもご参照ください。
http://www.kochi-tech.ac.jp/kut_J/university/saiyoujouho/20110113info.html
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=0&id=D111010338&ln_jor=0
posted by fifss at 09:19| Comment(0) | 公募情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

はじめまして

はじめまして、昨年より研究員に加わらせて頂いているIidaと申します。
本日は、私の自己紹介をさせて頂きます。

私は、現在「子ども」を対象とした発育発達研究をしています。
大学生時代はアメリカンフットボールの学生トレーナーをしていました。
毎日厳つい男性100名あまりを相手にタフなやりとりをしていたためか、
大学院に入って、先輩の研究の被験者として出会った子ども達の笑顔と素直さ(当時22歳の私に「おばさん!」と言って気を引こうとしてきた)に、すっかり心奪われてしまった、というのが「子ども」研究を始めたきっかけです。

同い年の大学生選手と接する中で、その選手が子どもの時にどのようなケガをして・どのような対処をしてきたか(そしてどのような指導を受けてきたか)が、大学生以降のケガやパフォーマンスにこんなにも大きな影響を及ぼすんだ、と実感する場面が度々あったということも、
同じく「子ども」期の重要性に目を向けるきっかけとなった気がします。

そんな私は現在、中枢神経系の発達と身体活動との関わりに興味を持っていて、
ヒトつまり実際の「子ども」を対象とした研究を行っています。

「子ども」を対象としているため、実験や測定の場所は大学の研究室よりも、小学校・中学校や子どもの自宅ということが多くなります。
言うまでもありませんが、「子ども」にとって自然な状態を保つことが重要であるためです。
研究をするために、保護者はもちろん校長先生や教育委員の方に、研究の意義や内容を説明し協力をお願いをする営業も欠かせません。
近年の子どもを取り巻く環境、例えば「個人情報」や「安全性」の問題などからも、「子ども」研究はその対象(フィールド)を確保することが難しく、まず最初に乗り越えるべき大きな課題となっています。

そんなわけで、最近では小学校で営業ばかりしている私ですが、
そこでは、子どもの発育発達やそれに影響を与える因子を明らかにするために重要な、
先行文献には書かれていない、どんな精度の高い機器でも測ることができない、多くのヒントを得ることができると感じています。


それはどんな?
というお話しは、次回以降、に続かせて頂き、
今回はごく個人的な話しのみで恐縮ですが、私の自己紹介とご挨拶とさせて頂きます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。(YI)
posted by fifss at 01:29| Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

基礎研究の役割とコラボレーションの重要性

研究を続ける際に、知的好奇心は非常に大切だと思います。でもこの充足や、論文を書くことだけのためでは、やっぱり息切れをしてしまいます。
特に私が携わっているような、寝ている間の夢の研究(夢の発生メカニズム)は多くの人が体験する出来事に関する研究で、知的好奇心は高められてわくわくしますが、対象が主観報告であるため、とりとめがありません。結局何の役に立つのだろうか。。と考え立ち止まることも多くあります。

ところが最近、基礎研究の大切さを実感したことがありました。それは、臨床心理士をしている友人と、「こころの窓としての睡眠」について講演会を行った時でした。睡眠は心身の健康と密接に関連しており、「眠れない」ことが心身疾患の早期発見のきっかけになる可能性を紹介したときでした。

私の研究は大きな枠組みでは、睡眠中の脳機能研究になります。睡眠の大切さは誰もが知っています。しかしなぜ大切なのか、どんな役割があるのかは知らない場合が多いです。この点に関して、睡眠中の脳活動研究をもとにお話したところ、聞いて下さった皆さんが大変理解を示してくださいました。

また脳活動などから、睡眠の仕組みを解説することで、睡眠が崩れた際にどのようにすれば睡眠が改善されるかも考えることができます。睡眠が改善されることで、心身の健康もそれに伴って改善されることもしばしば見受けられます。

一見すると何の役にも立ちそうにない私の基礎研究も、その先の先を見ることで役に立つことを実感した瞬間でした。また、自分の研究を大きな枠組みで考えること、そして他分野とのコラボレーションをすることの大切さも感じました。

モチベーション、ワクワク感をいかに維持できるか。そこが今後、研究者を続ける際に大切なことのひとつだろうなぁと思います。そして、研究者の役割の一つでもある、「こんなことやっている人もいるんだと思うような、まさに夢のある研究」も続けれるといいなと思います。(keicom, 小川)
posted by fifss at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011 年頭所感

あけましておめでとうございます。

スポーツ科学未来研究所(FIfSS)は、2011年、新しい年を迎えました。数え年というのがありますが、「年」をいくつ経験したのかを示すような数え方をします。生まれたときは1歳で、正月になると2歳、次の正月が来ると3歳です。FIfSSは、数え年3歳です。

これまでを振り返ると、FIfSSはいろいろなところで存在を示してきたと思います。一つは、出版。論文、総説、単行本など様々な分野でFIfSSの名前が出ました。もう一つは、学会活動。特に昨年の体力医学会では、様々な発表にFIfSSの名前が見えました。FIfSSとは、なんですか?と聞かれることもありましたし、出版社も興味を持ったようです。更には、テレビ、ラジオなどでもFIfSSの名前が出ました。

では、FIfSSの実態はなんでしょうか?研究員はFIfSSに所属することでどのような利を得ているのでしょうか。多分、一番大きな利点は、「知らない人と知り合えること」。ただ、これだけではMixiやFacebookと余り変わりません。そこに有機的なつながりを見出し、時に研究費を導入しながら研究を創り上げてゆくという方向性がその先にあることが、この「知らない人と知り合えること」の大きな意味になっているように思います。知らない人とは、会ったことがない人だけでなく、研究の枠という中では、いままで知らなかった分野の人という意味もあります。スポーツ科学は、複合科学です。そして、その複合科学であるスポーツ科学は、どこまで広がりを持ち得るのかさえ、まだ分からない状態だと思います。そのような中で、未来のスポーツ科学がどのような形になるのか、それを探るためにはこのような「オープンイノベーション」の理念が大切であることは、創設時から全く変わっていません。

FIfSSの今後の方向性はなんでしょうか。それは、この人と人とを通じたオープンイノベーションのシステムから、自己増殖的に決まって来るものだと思います。自己増殖のエネルギーをお互いの交流の中で作り出し、有機的な結合を見出しながら常に形を変えながら、未来へ自己増殖してゆく。その時々の形が、まさにその時点での時代に先んじた「未来のスポーツ科学」の形になる。これがFIfSSの方向性であると考えています。

2011年、スポーツ科学未来研究所がどのような形になるのか。私は楽しみです。

内田 直
所長
タグ:Sunao UCHIDA
posted by fifss at 22:53| Comment(0) | 年頭挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。