2011年09月30日

ラウンドテーブルディスカッション 「集団スポーツのダイナミクスを探る

来る10月10日にスポーツ心理学会38回大会(@日本大学文理学部)
http://www.nu-taiiku.jp/congress/
にて、門田浩二先生(阪大)の発起により、ラウンドテーブルディスカッション「集団スポーツのダイナミクスを探る」を開催します.

スポーツ科学は競技者個人を測定/解析対象とした研究がこれまで主流でしたが,集団の振舞を捉えるための新たな試みが満載です.ご興味をお持ちの方は是非お越し下さい.

そして,このRTDのプロモーションビデオ (作成:木島章文先生・山梨大) がかなりかっこいいので是非ご覧下さい (※音が出るのでご注意を)。
http://www.youtube.com/watch?v=bC-n-dAJwd8

==================================
ラウンドテーブルディスカッション(RTD)
「集団スポーツのダイナミクスを探る」

企画:門田浩二(大阪大学)、宮崎 真(高知工科大学)

司会:樋口貴広(首都大学東京)

演者:
♦ 山本裕二 (名古屋大学)
♦ 木島章文 (山梨大学)
♦ 山際伸一 (高知工科大学)
♦ 横山慶子 (日本学術振興会・北海道大学)

日時と会場:10月10日(月)9:00〜10:30  3203教室(3号館2階)

概要ビデオクリップ http://www.youtube.com/watch?v=bC-n-dAJwd8
posted by fifss at 11:42| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。