2012年07月24日

記事&論文紹介:仮眠とれば技能向上 運動・勉強の記憶、脳に定着[日経]

3連続投稿でお騒がせ致します.

つい最近の7月22日の日本経済新聞に,守田優子さん(早大・学振DC),小川景子先生(広大),そして内田直所長(早大)による研究成果が紹介されました.

日経オンラインで,その記事をご覧になれます.
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO43994620R20C12A7MZ4000/?dg=1

お昼寝をするとジャグリングのような複雑な運動のスキルが向上することを示す成果です.分かり易く,すぐにも役立ち,そして,その神経機序を考えてみると奥深い,ポピュラーかつ興味深い研究です.

この記事で紹介された研究内容に先行する成果が既に論文として刊行されております.
Yuko MORITA, Keiko OGAWA, Sunao UCHIDA
The effect of a daytime 2-hour nap on complex motor skill learning
Sleep and Biological Rhythms (Article first published online)
DOI: 10.1111/j.1479-8425.2012.00576.x
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1479-8425.2012.00576.x/full

お昼ご飯を食べるとすぐ眠くなって,しょっちゅう,うたた寝をしてしまう私にはとても励まされる研究成果ともいえます.
_____________________
宮崎真 (山口大学時間学研究所)

ラベル:FIfSS
posted by fifss at 15:16| Comment(0) | 運動と脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。