2010年12月29日

ぢっと手を見る健康科学

はたらけどはたらけど
猶わが生活楽にならざり
ぢっと手を見る

正に今の若手研究者を表す言葉だと思いますが、僕も全然楽にならないので自分の手を眺めてみました。
最近は、身体を傷つけず(非侵襲的)に、外からヒトの身体を眺めるだけでいろんなことが分かるようになってきました。

例えば指。
皆さんも自分の右手の指を眺めてみて下さい。
人差し指と薬指の長さの比は胎児期のテストステロンへの暴露量の影響を受けると考えられています。
暴露量が多いと、薬指のほうが長くなると言われています。
で、そこから何が分かるのか?

Coatesらは、トレーダーの稼ぎと指の長さの関係について検討し、その結果、短期トレーダーの場合、右手の人差し指と薬指の長さの比(人差し指/薬指)が0.94以下であれば、ほぼ間違いなくそこそこ稼ぎ、0.96以上になってくると、そこそこ稼ぐ人とあんまり稼げない人が出てきて、1.0以上になると、ほぼ期待薄になることを報告しています。

ただ、これは「短期トレーダー」についてのみ当てはまり、中長期の投資トレーダーには当てはまらないようです。

こうなる理由は分かっていませんが、恐らく、指の長さが胎児期のテストステロンの暴露量に影響されるのであれば、テストステロンへの感受性も高い(レセプターが多い?)とも予測されます。
テストステロンは動物を攻撃的にしますので、短期トレーダーとして成功する素養に攻撃的な性格が必要ということであれば、このような人が向いているのかもしれません。

ちなみに、このデータは男性のみに当てはまり、女性には当てはまらないそうです。
女性は胎児期に大量のテストステロンに暴露されていませんので、指の比もたいてい1.0以上になるとのことです。

研究というと、高価な機器とお金が必要で、侵襲的に内部を調べてって思いがちです。確かにそれはある一面では正しいのですが、先人たちの知見を拝借して人間を注意深く眺めると、それだけでもいろいろな新しいことが見えてくる可能性があることをこの研究は教えてくれました。

ちなみに、僕も自分の指を測ってみました。
0.94でした。
でも貧乏です。

川田

参考文献
Coates JM et al. Proc Natl Acad Sci USA 2009, 106(2): 623-638.
posted by fifss at 15:57| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。