2009年11月16日

2009.11.14.FIfSSオープニングシンポジウム: スポーツ科学と健康医療

やぁ!

2009.11.14にFIfSSオープニングシンポジウムが開催されました。
自分は参加者の皆さんから多くのエネルギーとアイデアを頂くことが出来ました。
こういう言い回しをすると今流行のスピリチュアルな会かと勘違いされてしまうかもしれませんが、むしろ逆でかなりリアリズムな会です。

今後この場で各メンバーの紹介があり、どのような連中がいて、何を考えているか少しずつ明らかになっていくのかな。
これからのイベントもHP(http://www.fifss.com/)やこの場を通してFIfSS運営委員(fifss@list.waseda.jp)の面々からお知らせがあると思います。
いつでも気楽にFIfSS宛て(fifss@googlegroups.com)にご連絡ください。

以下に自分がオープニングシンポジウムで話した内容の要旨を載せます。

今後ともよろしくお願いいたします。


山内潤一郎

------------

スポーツ科学と健康医療 - 高齢者の転倒予防を目的とした実践的研究 -

山内潤一郎 (首都大学東京 生体機能・神経-筋生理学研究室)

<要旨>

高齢化社会を向かえ、お年寄りがいかに元気に動ける生活を送ることが出来るか対策を練ることは非常に大切である。加齢と共に体力が衰える大きな原因の一つに筋力低下あげられる。様々なエクササイズ・トレーニングは、アスリートのスポーツ競技に必要な筋力やパワーの増加と競技力の向上を目的としてこれまで主に用いられてきたが、近年高齢者の転倒予防にも有効なことがわかってきた。例えば、脚を高く引き上げるための腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)や大腿四頭筋(主に大腿直筋)、つま先を持ち上げるための前脛骨筋などの筋力を強化することによってちょっとしたものでもつまずかなくなる。我々も自体重だけを用いたエクササイズ・トレーニングを実施するだけで、加齢に伴って低下した筋力は向上し、その他の身体機能も向上したことを報告した。このように高齢者でも筋肉へ普段の生活以上の刺激を与えることにより、筋肉が活性化され筋力が適切についてくる。その結果、関節への負担が減り、膝痛や腰痛が改善され楽に歩けるようになる等、様々な活動能力が高められる。また、筋肉のバランスが良くなり姿勢が改善され、身長が伸びたという方もいるぐらいだ。これからは、自ら身体を無理なく動かして鍛えていける好循環な生活環境をつくっていかなければならない。


Sports sciences and medical health promotion - exercise training for elderly individuals

Junichiro Yamauchi, Ph.D.

It is important to understand the ageing related differences in muscle function of lower limb multi-joint movements because they are profoundly related to the movements of daily living. From our data, it is suggested that decreases in muscle force generating capacity and power of leg muscles lead to the loss of mobility and a reduced capability of accelerating and decelerating the body mass during the movements. On the other hand, importance of resistance training for elderly individuals is increasing in our society because resistance training is an effective countermeasure against sarcopenia. Losses of neuromuscular functions in elderly individuals can be prevented and improved by resistance training. Our recent data shows that exercise training using only own bodyweight for a 10-month period in elderly individuals successfully increases maximum force and power of leg extension movements. This result suggests that exercise training at home or a community center without using strength training equipment has benefits to functional abilities in daily activities in elderly individuals. Hereafter, it is necessary to make living conditions that can be forged by easily voluntarily moving the body.



<略歴>
1994 スポーツ医学准学士号取得, サンタバーバラ市大学(米)
1994 体育学准学士号取得, サンタバーバラ市大学(米)
1995 エクササイズ科学准学士号取得, サンタバーバラ市大学(米)
1997 人間行動科学学士号取得, ウーロンゴン大学 (豪)
1999 エクササイズ科学修士号取得, ウーロンゴン大学 (豪)
2005 学術博士取得 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系
2006 研究員, ペンシルバニア大学医学部 (米)
2007 客員研究員, カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部 (米)
2008 研究員, フリードリヒ=シラー大学イェーナ (独)
2009 准教授, 首都大学東京
2009 准所長, スポーツ科学未来研究所

<主な論文>
・Yamauchi J, Mishima C, Nakayama S and Ishii N. Ageing related differences in maximum force, unloaded velocity and power of human leg multi-joint movement. Gerontology, in press.
・Yamauchi J, Mishima C, Nakayama S and Ishii N. Force-velocity, force-power relationships of bilateral and unilateral leg multi-joint movements in young and elderly women. Journal of Biomechanics 42: 2151-2157, 2009.
・Yamauchi J, Nakayama S and Ishii N. Effects of bodyweight-based exercise training on muscle functions of leg multi-joint movement in elderly individuals. Geriatrics & Gerontology International 9(3): 262-269, 2009.
・Yamauchi J, Nakayama S and Ishii N. Blood pressure response to force-velocity properties of the knee-hip extension movement. European Journal of Applied Physiology 102(5): 569-575, 2008.
・Yamauchi J and Ishii N. Relations between force-velocity characteristics of the knee-hip extension movement and vertical jump performance. Journal of Strength and Conditioning Research 21: 703-709, 2007.
・Yamauchi J, Mishima C, Fujiwara M, Nakayama S and Ishii N. Steady-state force-velocity relation in human multi-joint movement determined with force clamp analysis. Journal of Biomechanics 40: 1433-1442, 2007.
ラベル:JUNICHIRO
posted by fifss at 19:36| Comment(0) | FIfSSオープニングシンポジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。